「千葉ラジオ歌謡を歌う会」だより           千葉ラジオ歌謡を歌う会 会長 佐藤昭雄

                                「思い出のラジオ歌謡」の歌が You Tube で流れます。
                                                                            Top Page へ

H28.9.25 第10回 全国ラジオ歌謡音楽祭&打ち上げパーティー
 (秋田市文化会館)

 今回の音楽祭と打ち上げパーティーには、当会より7名が参加いたしました。

そして26日と27日は佐藤会長のご案内で県北を中心に史跡巡りをいたしました。

参加の皆さん!お疲れさまでした。

(左の写真のみクリックで拡大します)



        9月26日 秋田駅から鷹ノ巣駅下車「北秋田市観光」                           大太鼓の館

                    北欧の杜                                          浜辺の歌音楽館

                  成田為三先生の碑                                  森吉山 野生鳥獣センター

           9月27日 あきた芸術村 わらび劇場観劇                         演目:ミュージカル「ハルらんらん」

   H27.10.20 公開特別定例会の模様 開 催 あ い さ つ
  会員の皆々様におかれましては、ご健勝のことと心よりお慶び申しあげます。
 日頃の皆様の温かいご支援により「千葉ラジオ歌謡を歌う会」も発足から6年目を迎える事ができました。こうして毎回楽しい定例勉強会が継続できるのも
 ひとえに皆様のお陰と感謝致しております。この事に対し、なんとか還元・報いなければと常々考えてまいりました。
 そこで同郷の後輩に当たる、林るり子様と、ラジオ歌謡音楽祭を通じて知り合った、松村美和子様に機会あるごとにお声をお掛けしてまいりましたが、
 8月に入ってご都合を打診しましたところ、幸いおふたりのご都合が一致し、今回の開催が実現する運びとなった次第です。
 お忙しいところご都合をつけてくださったお二人には心から感謝申しあげます。本当にありがとうございます。
 また本日は会員のほか一般の皆様も大勢お集まりくださり厚くお礼申しあげます。今後とも千葉ラジオ歌謡を歌う会に対し、これまでにも増して
 ご支援くださいますようお願い申しあげます。                        千葉ラジオ歌謡を歌う会会長・佐藤昭雄
                                  
                               
   定例会では下記にご案内の通り、2人のゲストをお招きしました。YOU TUBEでどうぞ!!

  最初は、松村美和子さんと加藤三智さん(お友だち)の「歌とトークタイム」です。
                                      
こちらからどうぞ!

  続いてメインゲスト「林るり子ショー」をお楽しみください。 
こちらからどうぞ!
   

   
    左の記念写真上をダブルクリックすると拡大します。


 
  H27.9.27 第9回 全国ラジオ歌謡音楽祭&打ち上げパーティー (秋田市文化会館)
 
  日本ラジオ歌謡研究会のホームページに載っていない写真を、以下に貼り付けました。(2016.4.22)




                     
 H27.4.29〜30 第2回 筍の会懇親会

   恒例になったこの会ですが、今回は6名の参加で楽しく過ごす事ができました。

  採りたての筍と新鮮な魚の料理に皆満足!酒もすすんで最高潮!!

  カラオケルームではラジオ歌謡と昭和歌謡の大合唱。12時でお開きとなりました。

  朝食は夕べの鯛の荒汁と筍ご飯のおいしいこと! ご馳走さまでした。

  帰りには、主が早朝から山に入って採ってきた筍をお土産にいただきました。

         
全員写真の2枚はクリックで拡大します

 H26.4.23〜24 筍の会懇親会
  
23日、清水川山荘に参集したメンバーは、山荘主の得意の手料理に大満足!!。
 採りたての筍の香り豊かな食感と新鮮な魚のさしみに舌鼓をうちました。
 アルコールもいつもよりはるかに進み、メートルは上がるばかり。
 ガンを宣告された某氏は周りの心配をよそに、一番張り切っていました。
  8時すぎからはそのままカラオケルームに移動。
 管理者制作のラジオ歌謡ほか歌謡曲DVDで盛り上がりは最高潮!!
 ここでも某氏のボルテージは上がるばかり。12時過ぎまで続きました。
 24日の朝食は筍ごはんをいただき、お土産には裏山から採りたての筍を全員いただいて
 御宿の月の砂漠経由で無事稲毛に帰着いたしました。皆さんお疲れ様でした。
  (3枚目は採りたての筍を前に全員爽快!)
この写真だけクリックで拡大します。






     映像つきカラオケが YOU TUBE で流れます ⇒ こちらをクリック
 

H26. 3.18 思い出のラジオ歌謡




  思い出のラジオ歌謡
         
        階 光義 作詞・作曲

一 戦渦の時代は 終わるとも
  日本(くに)の人々 愁いあり
  日々の暮らしに ひとすじの
  心に響く曲(うた) 生れる
  ラジオ歌謡の歌 放送(なが)れる

二 歌詞を読む声 ラジオから
  母さん厨(くりや)の 水仕事
  初めて聴く歌 その声は
  なぜか今でも うつろいに
  ラジオ歌謡の 懐かしく

三 今ふたたびに 時代(とき)を超え
  想い巡りて 歌われる
  遠いあの日に 
  放送(なが)れた曲(うた)は
  やさしさ励まし 愛の歌
  ラジオ歌謡は 生きている
  歌い継がれて いつまでも

 H26.2.18 定例会
   この日の定例会には秋田魁新報社より取材にこられ、参加者はいつもよりやや緊張気味の雰囲気でした。
  前半の勉強曲は @「りんどうの唄」とA「赤い実」の2曲でした。後半は参加者のリクエストでこれまで覚えたなじみの曲ばかりを
  管理者制作のDVD映像と併せ楽しく歌うことができました。この模様は23日付け「さきがけ新聞」に掲載されましたのでご紹介いたします。

 H25.2.19 定例会&懇親会

 今月のテーマ曲は @山の煙 A谷の白百合 の2曲を工藤先生の指導を受けながら勉強しました。
 終了後は例の場所で、今年初めてお出でになった先生を囲んで懇親会を行いました。
  また佐藤会長からは終了後、“談話”をいただきましたのでその要旨を紹介させていただきます。

  我が“千葉ラジオ歌謡を歌う会”は2010年3月16日に発会式を行い、翌月4月20日(第三火曜日)に正式に立ち上がってから、
 早くも3年になろうとしております。当初40名ほどいた会員は高齢・病気等で退会もあり、現在の正会員は16名ですが、
 みな勉強好きで充実した「例会」となっております。会員の皆さんは、“ピアノ伴奏付「思い出のラジオ歌謡選曲集」工藤雄一 編”を教材として、
 一曲一曲を楽譜通りに歌う(楽譜に忠実に)姿を見るにつけ、苦しみながらも発会に踏み切った自分として「立ち上げて良かった」と思っております。
 そして月一回ではあるが遠く秋田市からお出でくださる“日本ラジオ歌謡研究会”会長・工藤雄一先生のご指導いただける事に感謝し感慨無量です。
 「健脳・健体」(歌うことで健康な脳と健康な体作り)を維持するためにも、継続して行くことを、改めて心に誓うのであります。
 “千葉ラジオ歌謡を歌う会”に一人でも多くの方の入会をお待ちしています。(会長)



H24.12.18 定例会&忘年会

 今月のテーマ曲は @高原の旅情 A夜店の唄 の2曲を
工藤先生の指導を受けながら勉強しました。
特に高原の旅情はとても爽やかな清々しい歌ですね。
後半は参加者のリクエストで7曲、最後はあざみの歌を歌って
今年の例会は終わり、その後は有志による忘年会を近くの
カラオケボックスで工藤先生を囲んで和やかに過ごしました。
さすが歌好き人間の集まりにふさわしく、歌が切れることは
ありませんでしたが、歳と次の日のことを考え3時間あまりで
打ち止めとなりました。皆さん!お疲れ様でした。来年もよろしく・・・。


 H24.2.14 定例会&懇親会 (写真提供:柴田隆昭氏)
  
2月の例会は第二火曜日となったため、管理者は出席できず残念でした。
  終了後は今年初めてこの会にお出でいただいた工藤先生を囲んで、懇親会を行った模様です。
 その当日の模様が佐藤会長より届きましたので、下記のとおり原文のままご紹介いたします。(2月19日)
 【佐藤昭雄会長・報】
  勉強会の会場では工藤先生から「テーマー曲(@橇よはしれA砂山の花の2曲)」のご指導を受けた後
 正面に「小型テレビ」を配置して、第5回全国ラジオ歌謡音楽祭のDVDをテレビ上に再現して、そのプログラムに合わせて、
 
 第1部の8曲と第4部の7曲(最後あざみの歌)計15曲歌いました。最後の「あざみの歌」は当然全員起立して歌いました。
  懇親会は、稲毛駅近くの「ユー・スタイル”稲毛店”」(043−290−0121)にて料理+カラオケ付きで、
 和気合い合いと大いに楽しみ、良い懇親会となりました。 皆様有難う御座いました。


 H23.1.18 定例会&新年会
  
この日から今年のスタートとなりました。
  これからはテーマを掲げて進むのがよいと考え、今回は「雪の降る街を」と
  「母あればこそ」の2曲を勉強し、後半は参加者のリクエスト曲を出してもらい
  心ゆくまで歌いました。終了後は近くのレストラン(
稲毛ベイブ・Babe)」で
  新年懇親会を有志で行いました。JR稲毛駅近くのこのお店のキャッチフレーズは
  「太陽をイメージした飲んで食べて遊ぶ大人のダイニングバーです」と有りました。
  お店のお許しをいただいて、工藤先生には「橇よはしれ」を歌って頂きました。

  
  (記念写真上クリックで拡大)



 H22.8.17 定例会
   
この春発足した「千葉ラジオ歌謡を歌う会」は毎月1回(原則第3火曜日)に
  行われています。 この日も日本ラジオ歌謡研究会会長の工藤雄一先生の
  トークと歌唱指導で楽しい参加者の歌声が会場いっぱいに響いていました。
  この日歌った曲は次のとおりです。 アカシヤの花・明るい雨・あざみの歌・
  さくら貝の歌・白い花の咲く頃・たそがれの夢・ チャペルの鐘・ 母あればこそ・
  山小舎の灯・山の煙り・雪の降る町を・  終了後は暑気払い懇親会を行い、
  カラオケで自慢の喉を披露しました。
  
  (写真は二次会場:スナック花光にて)
写真上クリックで拡大

  H22.4.20 千葉ラジオ歌謡を歌う会発足 
  
今回第1回目を開催し、今後毎月第3火曜日の午後1時30分より千葉市稲毛区の小仲台新向会自治会館にて行います。
 戦後、NHKから放送されたラジオ歌謡は800曲以上にのぼり、「山小屋の灯」「さくら貝の歌」「あざみの歌」「白い花の咲く頃」など
 美しい歌が沢山あります。そんな素晴らしい歌を歌い継いでいこうというのがこの会の目的です。日本ラジオ歌謡研究会の会長
 工藤雄一先生が秋田市よりお出でになり、楽しいトークと共に直接指導して下さいます。興味のある方は是非一度おいで下さい。
     当日の会場風景  (記念写真の1枚だけは、写真上でクリックすると拡大されます)